エルギンの大理石“返還”も

「エルギンの大理石」と呼ばれる古代彫刻の所有権をめぐる英国とギリシャの長年の対立が解決に向かいそうだ。BBC電子版がこのほど報じた。 問題の彫刻は英貴族エルギン卿が1801年、当時ギリシャを支配していた旧オスマン帝国(現トルコ)政府の許可を得てアテネのパルテノン神殿の…

関連国・地域: 英国ギリシャ
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

EU、ウクライナの復興基金設立へ(02/28)

ギリシャ、同性婚を合法化=正教国家で初(02/19)

セルビア、ギリシャからLNG輸入開始へ(02/16)

ギリシャ、ゴールデンビザ投資基準引き上げ(02/14)

北マケドニア―ギリシャガス導管、5社応札(02/12)

ウクライナ、ガス導管の容量拡大で意見公募(02/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン