UBS、コメルツ銀から仏資産運用会社を買収

金融大手のUBSは24日、独コメルツ銀行からフランスで資産運用を手掛けるカッセ・セントラル・ド・レスコンプト(Caisse Centrale de Reescompte=CCR)を取得すると発表した。 取引総額は約4億3,500万ユーロ。規制当局の承認を経て、2008年第1四半期(1~3月)の取引完了を見込む。…

関連国・地域: 英国ドイツスイス
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ラファージュホルシム、通期は50%増益(02/28)

豪医療ヒーリアス、スイス投資社が買収提案(02/28)

シュプリンガーの合弁、ポーランド社買収(02/27)

人材派遣アデコ、第4四半期は黒字回復(02/27)

ジュネーブ・モーターショー、新型肺炎警戒(02/27)

新型肺炎、欧州4カ国で初の感染確認(02/27)

ABB、米社と倉庫用ロボティクスで提携(02/26)

ネスレ、ルーマニア西部の工場の売却先模索(02/26)

建材シーカ、通期は10.4%増益(02/24)

金融UBS、新CEOにINGのトップ起用(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン