欧州委、ユーロ圏経済見通しを上方修正

欧州委員会は12日発表した春季経済見通しの中で、今年のユーロ圏の実質域内総生産(GDP)が前年比4.3%拡大するとの見通しを示した。前回2月の冬季見通しでの予測3.8%から大幅に引き上げた。新型コロナウイルスのワクチン展開や制限措置の緩和に伴い、域内経済は力強く回復すると予想。来年には4.4%の成長を見込んでいる。


その他記事

すべての文頭を開く

【特別寄稿】ブレグジット後の英国とEU 今後の対米・日・中関係を探る(06/24)

英首相「主権取り戻す」 離脱投票から5年、国内分断続く(06/24)

アテネ地下鉄延伸、今夏に着工へ(06/24)

【ウイークリー統計】第91回 ごみ排出量はデンマークが最大(06/24)

欧州委、性的マイノリティー巡る新法を懸念(06/24)

6月は過去15年で最高 ユーロ圏総合PMI速報値(06/24)

欧州委、イタリアの復興計画を承認(06/24)

ステランティスとRZD、ジェフコを売却へ(06/24)

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

各種ログイン