欧州議会、大型車両の排出削減法案を可決=40年に9割減

欧州議会は10日、欧州連合(EU)域内で新たに販売される大型車両を対象にした、二酸化炭素(CO2)排出削減法案を可決した。2040年までに19年比で90%削減する内容。ディーゼルエンジンを搭載したトラックやバスを減らし、電動や水素燃料電池(FC)といったゼロエミッション車(ZEV)への置き換えを促す。EU理事会の正式承認後、発効する。


その他記事

すべての文頭を開く

【ウイークリー統計】第169回 欧州議会選挙、投票率がわずかに上昇(07/25)

ユーロ圏PMI、7月は低下=速報値(07/25)

韓国LG、低価格EV電池生産へ=欧州向け(07/25)

仏フォルビア、中国BYDと欧州で提携(07/24)

EU外相会合、ハンガリーで開催せず(07/24)

UAE、EUとの通商交渉を年内に再開も(07/24)

中欧2カ国、EUに調停要請=石油供給停止(07/24)

ハマーソン、バリュー・リテールの全株売却(07/24)

【中東欧ダイアローグ】ECBの『2024年収れん報告書』を読む(07/24)

中国製バイオ燃料に追加関税 欧州委、不当廉売防止で暫定措置(07/23)

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

各種ログイン