2018/08/28(火)

第241回 海外赴任者が受け取る退職金

島村さん:みらい先生、こんにちは。私は3年前から弊社のジャカルタ支店に赴任しているのですが、実は先日、友人である現地法人の社長からお誘いを頂きまして、そちらに転職をしようか真剣に悩んでいます。

みらい:それは素晴らしいですね。なかなかあることではないので、それもひとつの選択肢だと思いますよ。

島村さん:ありがとうございます。じっくり考えてみたいと思います。そこでひとつ気になったことがありまして、いまの会社を退職すると退職金がいくらかもらえるのですが、これにはやはり税金がかかるのでしょうか。

みらい:はい、現地の税法に従って課税されることになります。一般的に、海外の退職金の課税ルールは日本の課税ルールに比べて税金が高額になる場合が多いので、その点は留意しておいたほうがいいですね。

島村さん:確かに、日本の退職金の課税ルールは諸外国に比べて優遇されていると聞いたことがあります。具体的にはどのように計算されるのでしょうか。

みらい:[(退職金―勤務期間に応じた控除額)×50%×税率]という計算式で計算されます。


関連国・地域: EU
関連業種:


※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン