出版物のご案内

NNAのWebサイトで扱う出版物についてご案内します。

  • 新刊
  • アジア
  • 東アジア
  • ASEAN
  • カテゴリ別

東南アジア

PDFデータ
東南アジアにおけるモバイルペイメントの現状と展望 2020

NNAグローバルリサーチでは、東南アジアのモバイル決済市場に焦点を当て、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピン、ベトナムにおける事業概況を調査いたしました。

中国のAnt Financial(Alipay)とTencent(WeChat Pay)のASEANにおける投資状況をビジュアル化。また、シンガポールのGrab(Grab Pay)とインドネシアのGojek(GoPay)の動向をまとめました。

本レポートが関連企業様や投資検討中の企業様における、アジア事業戦略立案の一助となれば幸いです。

・発行年月日:
2020年3月31日
・A4判/38スライド(PDF)
・発行  :
株式会社NNA
レポート本編ご購入企業様 150,000円+税

購入手続き後、商品をダウンロードするURLをメールにてお届けします。

本資料(PDFデータ)のご購入につきましては、マーケティングレポート「モバイルペイメントの現状と展望2019-2020」インドネシア・フィリピン・ベトナムの本編いずれかをご購入いただいた企業様限定です。

本資料のみの販売はございません。ご了承ください。

レポート本編

本資料の調査対象国


◇ コンテンツⅠ―Ⅳ
1. インドネシア
2. フィリピン
3. ベトナム

◇ コンテンツⅠ―Ⅱ
4. タイ
5. マレーシア
6. シンガポール

コンテンツ



0. ASEAN市場の現状と2020年展望

Ⅰ. ASEAN6カ国のモバイルペイメント市場概況

 1. 経済指標
 2. デジタルマーケット指標
 3. キャッシュレス化に関する政府方針
 4. フィンテック関連法規制
 5. 金融インフラ整備状況
   ① 国家電子決済システム
   ② 統一規格QRコード
 6. E-Money発行ライセンス認可企業
 7. 主要事業者の決済ブランド 系列分類

Ⅱ. ASEAN6カ国における主要事業者の概要

 1. 主要事業者の分類
 2. Ant FinancialとTencentのアジア投資と関連ブランド
 3. GrabGojekの金融サービス展開
   ① 事業構成
   ② 金融サービス構成
   ③ 近年の動向
   ④ 海外展開の動向

Ⅲ. インドネシアフィリピンベトナムの現状

 1. 主要事業者の概況
 2. 主要アプリの特徴
 3. 主要アプリのユーザー数
 4. クロスセクターの概況
 5. 決済ブランドの普及状況
   ① モビリティーサービス
   ② 通信・SNS
   ③ 小売・EC
   ④ 外食

Ⅳ. インドネシア・フィリピン・ベトナムの2020年展望

 1. 主要事業者のビジョンとミッション
 2. 中・長期的事業方針
   ① 主要事業者の事業方針
   ② GrabGojekの事業方針
 3. 主要事業者の動向(2019年3月-2020年2月)
 4. 2020年展望


◇本レポートの利用範囲について

※本資料の利用可能範囲はご購入法人同一部署内とさせていただきます。
※本資料の著作権はNNAが有しております。資料の全部または一部の無断利用および転載を禁じます。
※ご購入法人が少人数の社内プレゼンテーションを目的として、本資料のテキストおよび図表などのデータをご利用の際には、必ず出所を明記ください。
※セミナー資料への活用など商用転載の際は必ずNNAグローバルリサーチグループまでご連絡ください。
※データファイルを部署外および社外に転送または配信することを禁じます。
※クラウドサーバーに保存すること、許諾範囲を超えて利用することを禁じます。
※お申し込みをもって上記規約に同意とさせていただきます。

更新日:2020年3月31日

国・地域別

  • アジア
  • 東アジア
  • ASEAN
  • 中国
  • ベトナム
  • ミャンマー
  • フィリピン
  • タイ
  • シンガポール
  • インドネシア
  • その他

出版物

各種ログイン