高松平藏の現代獨逸事典

筆者

高松 平藏(たかまつ へいぞう)
エアランゲン(バイエルン州)在住のジャーナリスト。同市および周辺地域の定点観測的な取材をしつつ、日独の文化や社会システムの違いをベースにした報道を行っている。著書に「エコライフ—ドイツと日本どう違う」(化学同人・妻との共著)がある。
http://www.interlocal.org

すべての文頭を開く

高松平藏の現代獨逸事典:最終回(2006/08/31)

ドイツのインキュベーター 経済振興のため、新規企業に対する支援は重要だ。ドイツでもビジネス・インキュベ…

続きを読む

高松平藏の現代獨逸事典:第11回(2006/07/27)

W杯とナショナリズム イタリアの優勝で幕を閉じたサッカー・ワールドカップ(W杯)。期間中の開催国ドイツ…

続きを読む

高松平藏の現代獨逸事典:第10回(2006/06/29)

Mangaの影響 日本の漫画が「Manga」として世界に紹介されるようになって久しい。ドイツでも「クール(かっこ…

続きを読む

高松平藏の現代獨逸事典:第9回(2006/05/25)

「社会国家」の行方 世界的にも福祉が進んだ国として知られるドイツ。しかし景気低迷や財政悪化を受け、年…

続きを読む

高松平藏の現代獨逸事典:第8回(2006/04/27)

自治体マーケティング株式会社 ドイツでは自治体がマーケティング会社を設立することが珍しくない。こうした…

続きを読む

高松平藏の現代獨逸事典:第7回(2006/03/30)

自転車発祥の地 暖かくなると、ドイツの路上に増えてくるのがオートバイと自転車。バカンスシーズンには荷物…

続きを読む

高松平藏の現代獨逸事典:第6回(2006/02/23)

10万人都市の医療都市戦略 人口10万人のエアランゲン(バイエルン州)は特別な観光名所もなく、エアランゲン…

続きを読む

高松平藏の現代獨逸事典:第5回(2006/01/26)

仕事と家庭のバランス 企業で働く人にとって、仕事と家庭は共に大切なもの。両者のバランスをうまく取ること…

続きを読む

高松平藏の現代獨逸事典:第4回(2005/12/22)

クリスマスに見る多文化の国 クリスマスはキリスト教にまつわる行事。それだけにドイツは「本場」の国の1つ…

続きを読む

高松平藏の現代獨逸事典:第3回(2005/11/24)

企業万博の夜 ある土曜の夜、バイエルン州北部のニュルンベルクと隣接するエアランゲン、フュルトで、一般市…

続きを読む

高松平藏の現代獨逸事典:第2回(2005/10/27)

選挙戦 混迷を極めた今回の総選挙については日本でも頻繁に報道されたが、現地にいないとちょっと見え…

続きを読む

高松平藏の現代獨逸事典:第1回(2005/09/28)

ジェネレーションギャップ 年齢層ごとにジェネレーションギャップがあるのはどの国でも当たり前。日本人はと…

続きを読む

すべての文頭を開く
各種ログイン