2010/03/09(火)

第59回 日短期滞在者免税(183日ルールとは)

カクさん:みらい先生、今日は相談したいことがあって連絡させていただきました。実は、中国子会社で大きいプロジェクトを行う予定があり、半年間の予定で中国子会社への出張を命じられました。同業の仲間から滞在する期間が183日を超えない方がいいという話をよく聞きますが、これはどういうことですか?

みらい:それは「183日ルール」と言われているものです。正式名称「短期滞在者免税」といいます。日中租税条約では、日本から中国への出張は、一定の条件を満たしている場合には、中国での所得税が免除されます。すなわち、出張期間の給料については日本でのみ課税されるという制度です。

カクさん:「一定の条件」というのはどのようなものですか?



関連国・地域: EU
関連業種: 雇用・労務

この記事は該当の有料サービスにご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、画面右側にある「各種ログイン」からログインを、
契約されていない方は2週間無料トライアルをご利用ください。


※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン