2015/11/24(火)

第195回 海外勤務中の治療費および休職

伊勢谷さん:みらい先生、こんにちは。私は昨年の秋から香港の駐在員事務所に勤務しています。先日、インフルエンザに感染し、現地の病院に入院しました。すっかり良くなりましたが、この入院にかかった治療費についてお伺いしたいのです。

みらい:大変でしたね、大事に至らず何よりです。ご質問の件ですが、伊勢谷さんは、日本の社会保険に継続加入していますので、治療にかかった費用は、日本の健康保険の給付対象となります。診察費や入院費、医薬費などについて、保険給付の対象となる費用のうち、自己負担の3割を差し引いた7割の費用を請求することができます。

伊勢谷さん:確か、海外旅行傷害保険にも加入しているのですが、日本の健康保険との違いはありますか。



関連国・地域: EU
関連業種: 雇用・労務

この記事は該当の有料サービスにご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、画面右側にある「各種ログイン」からログインを、
契約されていない方は2週間無料トライアルをご利用ください。


※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン