ドイツのシリア難民、大半は母国への帰還希望

ドイツに滞在しているシリア難民の大半は母国への帰還を望んでいる——。独東部のライプチヒに拠点を置くドイツ・シリア慈善団体「アドプト・ア・レボリューション(Adopt a Revolution)」が7日、こうした調査結果を明らかにした。 調査は9月24日~10月2日、ドイツの5都市(ベ…

関連国・地域: ドイツ中東
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

独商工会議所、成長見通しを引き下げ(10/22)

マルタ、イタリアが拒んだ移民受け入れ(10/22)

ソフトウェアAG、第3四半期は横ばい(10/22)

米スターバックス、欧州4カ国の経営移管(10/22)

コンチネンタル、機械学習のADASを開発(10/22)

ティッセン、米MSと共同開発ソフトを導入(10/22)

VW、欧州で新車販売をデジタル化へ(10/22)

ブラックキャブのEV版、来年にパリ進出(10/22)

VW、旧式ディーゼル車の買い替えを優遇(10/19)

サルビーニ同盟党首、欧州委員長に名乗りも(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン