製薬アストラゼネカ、7%減益=後発薬に押され

製薬大手アストラゼネカは24日、第1四半期(1~3月)の純利益が5億5,000万ドルとなり、前年同月比7%減少したと発表した。新薬開発コストやドル高に加え、主力製品の特許切れによるジェネリック薬(後発医薬品)との競争激化が響いた。 売上高は60億5,700万ドルと、為替変動の…

関連国・地域: 英国フランスアジア米国
関連業種: 医療・医薬品小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

B・スチール、引受先決まる トルコ軍年金基金と暫定合意(08/19)

英領ジブラルタル、タンカー差し押さえせず(08/19)

陸上風力企業、入札巡り政府に法的措置(08/19)

ノーザン・ロック資産、PwCが管理契約(08/19)

JX石油開発、マリナー油田で生産開始(08/19)

独乳業ミュラー、アバディーンで50人整理も(08/19)

テイクアウェー・ドットコム、市場ほぼ独占(08/19)

靴販売オフィス、赤字店舗の閉店を検討(08/19)

金融機関の顧客満足度、メトロバンクが首位(08/19)

野党連合での暫定政権を提案 労働党党首、合意なき離脱阻止へ(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン