製薬アストラゼネカ、7%減益=後発薬に押され

製薬大手アストラゼネカは24日、第1四半期(1~3月)の純利益が5億5,000万ドルとなり、前年同月比7%減少したと発表した。新薬開発コストやドル高に加え、主力製品の特許切れによるジェネリック薬(後発医薬品)との競争激化が響いた。 売上高は60億5,700万ドルと、為替変動の…

関連国・地域: 英国フランスアジア米国
関連業種: 医療・医薬品小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

三井不、フィンランドのMaaS企業と提携(04/25)

華為の5G網構築参加認める 英国、非中枢インフラ機器に限定(04/25)

政府、カーニー中銀総裁の後継探しに着手(04/25)

マジェスティック・ワイン、英の店舗閉鎖も(04/25)

新政党チェンジUK、欧州議会選へ決起集会(04/25)

マコファルマ、台湾社と販売ライセンス契約(04/25)

ノルドストリーム2に黄信号 欧州委員長候補、敷設阻止の意向(04/24)

学術出版エルゼビア、ノルウェー大学と契約(04/24)

政府と労働党が協議再開 EU離脱方針巡り閣僚級が交渉(04/24)

ルクセンブルクのジャン前大公が逝去(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン