G7外相会合、ウクライナ危機や食料難協議

主要7カ国(G7)外相会合が12日、ドイツ北部ワイセンハウスで開幕した。ロシアのウクライナ侵攻が続く中、これに端を発する世界的な食糧安全保障問題や、モルドバに紛争が波及する可能性などについて協議が行われる見通し。外相らはロシアに対し団結した姿勢を打ち出す姿勢を示…

関連国・地域: ドイツEUロシアウクライナモルドバアフリカ
関連業種: 食品・飲料農林・水産政治


その他記事

すべての文頭を開く

ギリシャ、EUの監視強化枠組みから脱却(08/12)

イスラエル社、ルーマニアで風力発電建設へ(08/12)

ドラギなきイタリアを覆う不安材料 <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第37回(08/12)

ロシア産石炭の禁輸発効 年80億ユーロ収入減も=EU制裁(08/12)

ヤンデックス、英仏で食品宅配事業を終了(08/11)

【ウイークリー統計】第120回 EUの化学肥料の消費は増加傾向(08/11)

露原油、中欧に輸送停止=制裁が決済に影響(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン