ドイツ、2035年までに電力部門で炭素中立へ

ドイツ政府は、2035年までに国内電力部門の炭素排出量の実質ゼロ化を目指す目標を打ち出した。政府は昨年、30年までに石炭火力発電からの脱却を目指す方針を明らかにしており、これに続く動きとなる。ハベック副首相兼経済問題・気候保護相が先に公表した新たな気候変動対策を元に…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ドイツ経済、21年は2.7%増 プラス回復もコロナ前水準下回る(01/17)

検察、ワイヤーカード不正会計で関係者起訴(01/17)

ワクチン委、12歳以上のブースター接種推奨(01/17)

商用車トレイトン、比市場に参入(01/17)

メルセデス、印でのEV生産に着手へ(01/17)

VW世界販売、昨年は4.5%減 2年連続で首位逃がす(01/14)

新興フリップディッシュ、9600万ドル調達(01/14)

ドイツ、2035年までに電力部門で炭素中立へ(01/14)

財務省、コメルツ銀への出資引き下げを否定(01/14)

ボッシュ、ルーマニアにGS部門の調達ハブ(01/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン