ドイツ、2035年までに電力部門で炭素中立へ

ドイツ政府は、2035年までに国内電力部門の炭素排出量の実質ゼロ化を目指す目標を打ち出した。政府は昨年、30年までに石炭火力発電からの脱却を目指す方針を明らかにしており、これに続く動きとなる。ハベック副首相兼経済問題・気候保護相が先に公表した新たな気候変動対策を元に…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ダッソー、独BMWと金型設計アプリ開発(05/27)

VW、排ガス巡り英国で和解 2億ポンド支払い=信頼再構築へ(05/27)

欧州委、VWのヨーロッパカー買収を承認(05/27)

仏トタル、独製油所で露産原油の調達量縮小(05/27)

パリ―ベルリンの高速鉄道、来年末にも開業(05/27)

BMW、バッテリーセルのR&D拠点開設へ(05/27)

独の労働者、3人に1人が過度な労働=調査(05/27)

GDP成長率、第1四半期は改定値も0.2%(05/26)

独政府、サル痘ワクチン4万回分を発注(05/26)

ルフトハンザ航空、保守事業の20%株売却も(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン