ロシア製ワクチン、欧州当局の審査進まず

欧州連合(EU)域内でのロシア製新型コロナウイルスワクチン「スプートニクV」の使用を巡り、ワクチンを開発したロシアのガマレヤ記念国立疫学・微生物学研究センターによる臨床試験データの提出の遅れが、欧州医薬品庁(EMA)の承認審査の進捗(しんちょく)を阻んでいる。…

関連国・地域: EUロシア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

露当局、反体制派ウェブサイトへの通信遮断(07/28)

マグニト、ワイルドベリーズとスピード配達(07/28)

露首相、北方領土を訪問=経済特区設置も(07/27)

露MAKS航空ショー、成約総額は36億ドル(07/27)

ロシア中銀、政策金利を6.5%に引き上げ(07/26)

FBなど3社、露で違法コンテンツ巡り罰金(07/26)

ロスアトムとUAE社、北極圏航路の試験へ(07/26)

ロシア、ガソリン価格高騰で輸出禁止も(07/26)

露製ワクチン、ベトナムで製造開始(07/23)

米独、ガス導管の完工で合意 ロシアが政治利用なら制裁発動(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン