DSA、新型コロナの呼気検査器の生産開始

フィンランドの医療技術企業ディープ・センシング・アルゴリズム(DSA)は、呼気によって新型コロナウイルスの感染を確認できる新検査機器の製造に着手したもようだ。病院などでの入館者のスクリーニングへの導入を狙う。欧州連合(EU)政策専門サイトのユーラクティブが16日…

関連国・地域: フィンランド
関連業種: 医療・医薬品IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

印マヒンドラ、フィンランドのホテルを休業(05/13)

インキャップ、インドに3カ所目の工場建設(05/10)

欧州委、KLMとフィンエアーに再雇用支援(05/10)

フィンランド連立政権、予算案巡り崩壊危機(04/27)

韓国・LGU+、5G改善でノキアと提携(04/21)

スウェーデン、移民背景の住民が3割超に(04/21)

J・マッセイ、フィンランドにEV素材工場(04/20)

再生エネ由来の電力、昨年は化石燃料上回る(04/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン