PKNオーレン、中部に水素生産施設建設へ

ポーランドの石油大手PKNオーレンは、中部ウウォツワウェク(Wloclawek)に水素生産拠点を新設する計画だ。化学子会社アンウィル(Anwil)が2021年に建設する予定で、完成すれば1時間当たり600キログラムの水素生産が可能となる。ポーリッシュ・ニュース・ブレティンが28日伝え…

関連国・地域: ポーランド
関連業種: 化学天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

エネルガ、ポーランド最大の風力発電所建設(07/10)

ポーランドの失業率、6月は6.1%に悪化(07/08)

ドゥダ氏、同性カップル養子縁組禁止を公約(07/08)

ポーランド新車登録台数、6月は20.5%減少(07/07)

欧州委、10カ国に旅行者の権利保護を要求(07/07)

ポーランド政府、洋上風力発電で業界と合意(07/03)

MOL、PKNオーレンの給油所取得も(07/02)

ポーランド現職大統領と首都市長が決選投票(06/30)

英国とEU、集中協議を開始 対面での貿易交渉で現状打開へ(06/30)

グーグル、ポーランドで最大20億ドル投資へ(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン