運輸・暖房の排出権を1トン25ユーロに

ドイツ政府は運輸と建物の暖房に対して2021年から導入する二酸化炭素(CO2)排出権の価格について、1トン当たり25ユーロとすることを閣議決定した。欧州連合(EU)政策専門サイトのユーラクティブが伝えた。 これらの部門はEUの排出権取引制度(EU―ETS)の対象外と…

関連国・地域: ドイツEU
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

独、男女平等に向けた国家戦略を閣議決定(07/10)

ダイムラーCEO、コスト削減規模を拡大へ(07/10)

DHL、従業員50万人にボーナス300ユーロ(07/10)

BMW、モロッコ社からコバルト調達へ(07/10)

独EV登録台数、6月は2倍超に拡大(07/10)

貿易収支、5月は黒字拡大(07/10)

インフィニオン、カルテル巡る罰金減額(07/10)

VW、スロバキアで5億ユーロ投資へ(07/09)

ワイヤーカード、事業買収に百社以上が関心(07/09)

ドイツ銀、米富豪との関係巡り当局が罰金(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン