仏医薬品当局、治験薬の自己使用に警鐘

仏医薬品・保健製品安全庁(ANSM)は3月30日、新型コロナウイルス感染症(COVID19)の治療効果が期待されている抗マラリア薬「プラケニル(一般名:ヒドロキシクロロキン)」やHIV(エイズウイルス)治療薬「カレトラ(一般名:ロピナビル/リトナビル)」を自己判断…

関連国・地域: フランス
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

エールフランス、大型機A380の運航終了(05/22)

蘭会計監査院「政府のKLM株取得は違法」(05/22)

仏西部の食肉処理場で100人超の集団感染(05/22)

イージージェット、6月から一部の運航再開(05/22)

明治、ダノンとキューブ型粉ミルクで提携(05/22)

仏政府、西アフリカ単一通貨「ECO」承認(05/22)

5月は上昇もなお分岐点割れ ユーロ圏総合PMI速報値(05/22)

ルノー、工場で従業員向けマスク生産へ(05/21)

アコー、越で高級ホテルの第1期を開業(05/21)

英領北海の油田、価格低迷が続けば未開発も(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン