資源リオ、上半期は過去5年で最高益

英豪資本の資源大手リオ・ティントは、上半期(1~6月)の純利益は49億3,000万米ドルと、同期としては2014年以降で最高を記録したと発表した。好業績を受け、同社は総額35億米ドルの配当を行った。ただ、オーストラリアのエネルギー価格の高騰により、同社のアルミ精錬事業が存続…

関連国・地域: 英国アジア
関連業種: 鉄鋼・金属天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

合意なき離脱の最悪シナリオ 暴動や食料品価格の上昇など(09/13)

たばこのBAT、世界で2300人整理へ(09/13)

小売りジョン・ルイス、上半期は赤字転落(09/13)

JFE、英国で廃棄物発電プラントを受注(09/13)

アフリカ南部6カ国、英国とEPA締結へ(09/13)

英首相の議会閉会は違法 スコットランド裁、判決覆す(09/12)

西、9万社に英の合意なき離脱の注意喚起(09/12)

英政府、合意に向けEUや北アと交渉(09/12)

ロンドン証取、香港取引所が買収提案(09/12)

英経済、第3四半期は0.3%増か(09/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン