シーメンスガメサ、台湾の風力発電地区入居

スペインの風力発電機大手シーメンスガメサ・リニューアブル・エナジーが、外資系企業として初めて台中港内の洋上風力発電専用エリア「台中港工業専門区2(台中港工業専区2)」に入居する。工商時報などが伝えた。 台湾の主要港湾業務を統括する台湾港務(TIPC)の台中港務…

関連国・地域: スペインアジア
関連業種: その他製造電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

スペイン、500億ユーロの企業支援策へ(07/06)

英、鉄鋼セルサに緊急融資=戦略的企業で初(07/06)

ポーランド政府、洋上風力発電で業界と合意(07/03)

スペイン新車登録、6月は36.7%減少(07/03)

スペイン中銀、観光依存経済の脱却を提言(07/03)

スペイン失業者数、6月は5千人増加(07/03)

セアト、新モビリティーブランドを立ち上げ(07/02)

スペインGDP、確定値も5.2%縮小(07/01)

スペイン、石炭火力発電所の半数を閉鎖(07/01)

スペインインフレ率、6月はマイナス0.3%(06/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン