シーメンスガメサ、台湾の風力発電地区入居

スペインの風力発電機大手シーメンスガメサ・リニューアブル・エナジーが、外資系企業として初めて台中港内の洋上風力発電専用エリア「台中港工業専門区2(台中港工業専区2)」に入居する。工商時報などが伝えた。 台湾の主要港湾業務を統括する台湾港務(TIPC)の台中港務…

関連国・地域: スペインアジア
関連業種: その他製造電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

サンチェス首相、デモ続くバルセロナ訪問(10/22)

金融BNPパリバ、西オールファンズと提携(10/22)

センビオン、S・ガメサと資産売却で合意(10/22)

カタルーニャ州首相「2年以内に住民投票」(10/21)

スペイン社会労働党、11月総選挙で議席減か(10/18)

カタルーニャのトラ首相、暴動中止呼び掛け(10/18)

NTT、テレフォニカと伝送・転送共同実験(10/17)

カタルーニャ各地でデモ=指導者の実刑受け(10/17)

IMF、ユーロ圏成長率見通しを下方修正(10/17)

西、今年と来年のGDP成長率目標引き下げ(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン