シーメンスガメサ、台湾の風力発電地区入居

スペインの風力発電機大手シーメンスガメサ・リニューアブル・エナジーが、外資系企業として初めて台中港内の洋上風力発電専用エリア「台中港工業専門区2(台中港工業専区2)」に入居する。工商時報などが伝えた。 台湾の主要港湾業務を統括する台湾港務(TIPC)の台中港務…

関連国・地域: スペインアジア
関連業種: その他製造電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

シーメンスガメサ、印西部で事業2件を受注(08/20)

伊内相、未成年の難民27人の上陸を許可(08/20)

スペインのインフレ率、7月は0.5%に加速(08/19)

金融機関の顧客満足度、メトロバンクが首位(08/19)

ライアンエアー、愛パイロットがスト実施へ(08/16)

スペイン製造業受注、6月は1%増加(08/15)

外食アムレスト、食事配達事業を売却へ(08/15)

イベルドローラ、英の風力発電の権益を売却(08/13)

グラン・カナリア島で森林火事、1千人避難(08/13)

鉄道車両CAF、イスラエルで路線網拡張へ(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン