ビトル、マ・ジョ州で低硫黄船舶燃料生産へ

スイスの石油取引大手ビトル(Vitol)・グループは、マレーシア・ジョホール州タンジュンビンにある既存の石油製品貯蔵施設で、低硫黄船舶燃料を生産する小規模プラントの建設に着手した。同社幹部の話として、ロイター通信が24日伝えた。 新プラントは、2020年5月の完工を見込み…

関連国・地域: スイスアジア
関連業種: 運輸天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

ネスレ、中国工場の拡張に1億ドル超を投資(05/22)

ノルドストリーム、ガス指令巡る訴えが棄却(05/22)

通信サンライズと携帯ソルトがブロバン合弁(05/21)

リシュモン、通期は66.6%減益(05/18)

英保健当局、ロシュの抗体検査を承認(05/15)

ネスレ、マレーシアで設備投資を計画(05/14)

墺、6月半ばに独との国境開放=スイスとも(05/14)

トルコ当局、外資銀3行の為替取引禁止撤回(05/13)

比財閥、ホルシム事業の取得を断念(05/12)

資源グレンコア、ザンビア事業を再開(05/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン