化石燃料由来のCO2排出、昨年は2.5%減

欧州連合(EU)の統計局ユーロスタットは8日、域内の化石燃料由来の二酸化炭素(CO2)排出量(速報値)が2018年に前年比2.5%減少したと発表した。 排出量が1年前を下回ったのは20カ国。うち最も減少したのはポルトガルで9%減った。これにブルガリア(8.1%減)、アイル…

関連国・地域: 英国ドイツフランスEUアイルランドイタリアポルトガルマルタポーランドブルガリアエストニアラトビア
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

EU、対露経済制裁をさらに6カ月延長(09/16)

【今週の主な予定】9月16~20日(09/16)

EU、ポーランドのインフラ刷新に補助金(09/16)

デンマーク中銀、譲渡性預金金利を引き下げ(09/16)

EU財務省会合、エネルギー税規則見直しへ(09/16)

欧州司法裁、遺伝子組み換え大豆の承認支持(09/16)

ジョンソン氏、ユンケル欧州委員長と会談へ(09/16)

独出版社団体、著作権訴訟でグーグルに敗訴(09/16)

ユーロ圏貿易収支、7月は黒字拡大(09/16)

ユーロ圏労働コスト、2.7%上昇(09/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン