化石燃料由来のCO2排出、昨年は2.5%減

欧州連合(EU)の統計局ユーロスタットは8日、域内の化石燃料由来の二酸化炭素(CO2)排出量(速報値)が2018年に前年比2.5%減少したと発表した。 排出量が1年前を下回ったのは20カ国。うち最も減少したのはポルトガルで9%減った。これにブルガリア(8.1%減)、アイル…

関連国・地域: 英国ドイツフランスEUアイルランドイタリアポルトガルマルタポーランドブルガリアエストニアラトビア
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録、5月は0.1%増加(06/19)

ユーロ圏インフレ率、5月は1.2%=改定値(06/19)

ZEW景気期待指数、6月は大幅に悪化(06/19)

ECB総裁、追加の金融緩和の必要性に言及(06/19)

ハモンド財務相、首相の支出計画巡り辞任も(06/19)

欧州司法裁、ドイツの国外車両通行料を却下(06/19)

金融11行、海運業界の脱炭素化への枠組合意(06/19)

スペイン、独仏の新型戦闘機開発に参画(06/19)

ユーロ圏貿易収支、4月は黒字縮小(06/19)

欧州二輪車登録台数、1~3月は20.1%増加(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン