セアト、VR技術で生産現場のけが70%減

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)のスペイン子会社セアトは、バイオメカニクスと最先端の仮想現実(VR)技術を用いることで、バルセロナ近郊のマルトレル(Martorell)工場における従業員のけがを過去2年間で70%低減したと発表した。工場設計により効率性を高める一環。…

関連国・地域: ドイツスペイン
関連業種: 自動車・二輪車医療・医薬品その他製造IT・通信雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

西洗濯ミスター・ジェフ、越展開を計画(08/23)

イベリア航空、地上スタッフが8月末にストへ(08/22)

グラン・カナリア島の火災、避難者9千人に(08/21)

スリー、ロンドンの一部で5Gサービス開始(08/21)

シーメンスガメサ、印西部で事業2件を受注(08/20)

伊内相、未成年の難民27人の上陸を許可(08/20)

スペインのインフレ率、7月は0.5%に加速(08/19)

金融機関の顧客満足度、メトロバンクが首位(08/19)

ライアンエアー、愛パイロットがスト実施へ(08/16)

スペイン製造業受注、6月は1%増加(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン