セアト、VR技術で生産現場のけが70%減

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)のスペイン子会社セアトは、バイオメカニクスと最先端の仮想現実(VR)技術を用いることで、バルセロナ近郊のマルトレル(Martorell)工場における従業員のけがを過去2年間で70%低減したと発表した。工場設計により効率性を高める一環。…

関連国・地域: ドイツスペイン
関連業種: 自動車・二輪車医療・医薬品その他製造IT・通信雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

小売りアルカディア、23店舗の閉鎖を検討(05/24)

ビュログ、ルノーとカーシェア車両共同生産(05/24)

欧州商用車登録台数、4月は7.6%増加(05/24)

米FB、欧州議会選に向け偽情報を削除(05/24)

アウルビス、リサイクルのメタロを買収(05/24)

スペイン製造業受注、3月は1.9%減少(05/23)

OECD、ユーロ圏の成長見通し引き上げ(05/23)

サイペム、中東とノルウェーでEPC受注(05/23)

センビオン、シーメンスガメサや東芝が関心(05/23)

グルーポアントリン、独で照明工場など開設(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン