アックユ原発、3分の1が国内労働者に

トルコ南部の地中海沿岸都市メルスィン(Mersin)で建設が進むアックユ原子力発電所では、1号機の稼働開始時の従業員が約3,200人となり、うち1,000人が国内労働者、残りがロシア人労働者となる見込みだ。先にロシアの南西部ソチで開催された原子力産業の国際フォーラム「アトムエ…

関連国・地域: トルコロシア
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

エルドアン大統領、大幅な利下げを宣言(07/16)

PSAの販売台数、上半期は12.8%減少(07/16)

トルコ鉱工業生産、5月は1.3%減少(07/15)

トルコ政府、5カ年の経済開発計画を提出(07/12)

日本ペイント、べテックの買収完了(07/12)

新東工業、トルコの販売代理店と合弁設立(07/11)

トルコ航空、クウェート航空と共同運航へ(07/11)

エルドアン大統領、中銀総裁を更迭(07/09)

アンカラとモスクワ、都市間の協力で合意(07/08)

トルコのインフレ率、6月は15.7%に減速(07/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン