露社、シリア・タルトゥース港の運営権取得

石油・ガス産業のエンジニアリングを手掛けるロシアのストロイトランスガス(Stroytransgaz)は、シリア西部の港タルトゥース(Tartus)港の運営権を取得した。5億ドルを投じて拡張・近代化工事を行う。シリアのアリ・ハムード運輸相の話を元に、オマーン紙ワタンが25日伝えた。 …

関連国・地域: ロシア中東
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

墺首相、極右政党との連立解消=総選挙へ(05/21)

ウクライナ、ゼレンスキー新大統領が就任(05/21)

露、ポーランドに導管経由の原油供給を再開(05/21)

主要産油国、減産体制を維持へ(05/21)

エニ、アルジェリアとガス輸入契約を延長(05/20)

スーパーのディア、露L1が過半数株取得(05/20)

欧州評議会、ロシアの復帰に道=独仏が尽力(05/20)

ロスアトム、徐大堡原発で原子炉2基設置へ(05/17)

VTB銀、ルストランスコムの株式取得も(05/17)

トランスネフチ「原油汚染の早期解決困難」(05/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン