露社、シリア・タルトゥース港の運営権取得

石油・ガス産業のエンジニアリングを手掛けるロシアのストロイトランスガス(Stroytransgaz)は、シリア西部の港タルトゥース(Tartus)港の運営権を取得した。5億ドルを投じて拡張・近代化工事を行う。シリアのアリ・ハムード運輸相の話を元に、オマーン紙ワタンが25日伝えた。 …

関連国・地域: ロシア中東
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

ダイヤのアルロサ、ジンバブエで合弁設立(07/18)

モスクワで23人が食中毒=自販機食品を食べ(07/18)

メルケル氏、モルドバ首相の歓迎式でも着席(07/18)

サウジアラムコ、複数事業で露社と提携も(07/17)

モスクワ市議会選、選管の出馬阻止巡りデモ(07/16)

PSAの販売台数、上半期は12.8%減少(07/16)

露南西部でバスが横転、6人死亡(07/16)

日立造船イノバ、ロシアでプラント設備受注(07/15)

ギリシャ北部で嵐、6人死亡=百人超負傷(07/12)

投資会社PPF、露ポリメタルの株式売却(07/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン