ウクライナ、ウクライナ語の優先法案を可決

ウクライナ最高会議(議会、定数450)は、ウクライナ語の優先的な使用を促す法案を可決した。公務員は今後、ウクライナ語を用いることが義務付けられる。ロイター通信が25日伝えた。 新法は先の大統領選挙で敗北したポロシェンコ大統領が推進していたもので、ウクライナ語を全国民…

関連国・地域: ロシアウクライナ
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

検察、ポロシェンコ前大統領の汚職捜査開始(05/24)

トタル、独製油所で生産調整=露産原油問題(05/23)

ベラルーシ、石油製品の輸出規制が撤廃(05/23)

ゼレンスキー大統領、議会の解散を命令(05/23)

ウクライナ、ゼレンスキー新大統領が就任(05/21)

露、ポーランドに導管経由の原油供給を再開(05/21)

ウクライナの連立政権崩壊=早期選挙ならず(05/20)

欧州評議会、ロシアの復帰に道=独仏が尽力(05/20)

VTB銀、ルストランスコムの株式取得も(05/17)

トランスネフチ「原油汚染の早期解決困難」(05/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン