INPEX、アゼルバイジャンで追加開発

国際石油開発帝石(INPEX)は、権益を保有するアゼルバイジャン領カスピ海のアゼリ・チラグ・グネシュリ(ACG)鉱区について、新プラットフォーム追加開発計画への投資を最終決定したと発表した。「ビジョン2040」で掲げる成長目標の一つである、石油・天然ガス上流事業の…

関連国・地域: トルコアゼルバイジャンアジア
関連業種: 建設・不動産天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

トルコ西部でLPGタンカー爆発、1人死亡(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン