ジョージア、火星でのワイン生産に意欲

ワイン発祥の地といわれるジョージア(グルジア)で、火星でのワイン生産を目指すプロジェクト「IXミレニアム・プロジェクト」が始動した。実現に向け、米航空宇宙局(NASA)からの支援獲得に期待を寄せている。スプートニクなどが10日伝えた。 NASAは向こう25年以内に火…

関連国・地域: ジョージア米国
関連業種: 食品・飲料農林・水産運輸社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

欧州評議会、ロシアの復帰に道=独仏が尽力(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン