仏政府、減税を検討=反政府デモ鎮静化図る

フランスのフィリップ首相は8日、マクロン大統領が3カ月にわたり参加した国内各地の集会での議論を踏まえ、大胆な減政策を打ち出す必要があるとの考えを示した。昨年11月から続く反政府デモ「黄色いベスト」運動に象徴される国民の不満を和らげる狙い。AFP通信などが伝えた。…

関連国・地域: フランスフィンランド
関連業種: 建設・不動産運輸天然資源マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

LVMH、プロバンス地方のワイナリー買収(05/21)

欧州議会選控え全国で親欧州デモ(05/21)

仏税関職員スト、2カ月半を経て終結(05/21)

スイス、銃規制強化へ=国民投票で賛成64%(05/21)

仏GDP成長率、1.7%拡大 2018年は減速=改定値(05/20)

欧州新車登録、0.4%減少 英独が引き続き不振=4月(05/20)

SBVF、体験旅行の独新興企業に出資(05/20)

エールフランスKLM、マ同業と整備契約(05/20)

デカトロン、豪でスキー用品の販売拡大へ(05/20)

欧州評議会、ロシアの復帰に道=独仏が尽力(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン