仏政府、減税を検討=反政府デモ鎮静化図る

フランスのフィリップ首相は8日、マクロン大統領が3カ月にわたり参加した国内各地の集会での議論を踏まえ、大胆な減政策を打ち出す必要があるとの考えを示した。昨年11月から続く反政府デモ「黄色いベスト」運動に象徴される国民の不満を和らげる狙い。AFP通信などが伝えた。…

関連国・地域: フランスフィンランド
関連業種: 建設・不動産運輸天然資源マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

仏ブラブラカー、ポーランドでバス運行へ(07/24)

EU14カ国、新たな移民受け入れ案で合意(07/24)

自動車部品フォルシア、上半期は1%増益(07/24)

エルメス、第2四半期は14.7%増収(07/24)

EDF、サウジ初の風力発電設備の資金調達(07/24)

小売りカジノ、インド洋事業を売却(07/23)

カンパリ、仏同業の買収に向け独占協議(07/23)

BA、安全上の懸念でカイロ便を7日間停止(07/23)

仏財務省、ルクレールに1億ユーロ超の罰金(07/23)

デカトロン、タイ東部に大型旗艦店を開業へ(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン