独の温室効果ガス排出量、昨年は4.2%減少

ドイツの環境・原子力安全省は2日、2018年の温室効果ガスの排出量が二酸化炭素(CO2)換算で8億6,900万トンとなり、前年から4.2%減少したと発表した。再生可能エネルギーの利用が進み5年ぶりに縮小に転じたものの、温暖な天候によるところが大きく、2020年までの温室効果ガ…

関連国・地域: 英国ドイツフランスアジア米国
関連業種: その他製造運輸天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ベラルーシ、石油製品の輸出規制が撤廃(05/23)

OECD、ユーロ圏の成長見通し引き上げ(05/23)

トタル、独製油所で生産調整=露産原油問題(05/23)

ツェッチェCEOが退任 ダイムラー、変革は後任の手に(05/23)

独で連銀総裁をECB次期総裁に推す動き(05/23)

塩野義、モルテニと便秘症治療薬の販売契約(05/23)

トランスファーワイズ、時価総額35億ドルに(05/23)

センビオン、シーメンスガメサや東芝が関心(05/23)

JFE、独で大型ガスだきボイラーを受注(05/23)

グルーポアントリン、独で照明工場など開設(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン