チェコ企業景況感、3月は悪化

チェコ統計局(CSU)は25日、3月の企業景況感指数(2005年=100、季節調整済み)が95.5ポイントとなり、前月から1ポイント低下したと発表した。 業種別に見ると、鉱工業は1.5ポイント低下。サービス業は0.9ポイント、商業は0.3ポイントそれぞれ落ち込んだ。一方、建設は1.5ポ…

関連国・地域: チェコ
関連業種: 建設・不動産天然資源小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

スイスのアルピック、チェコ発電事業を売却(05/21)

露、ポーランドに導管経由の原油供給を再開(05/21)

チェコの法人税制度は「欧州で最も複雑」(05/21)

チェコGDP、第1四半期は2.5%増加(05/17)

トランスネフチ「原油汚染の早期解決困難」(05/16)

チェコ新法相、就任反対デモが3週目に突入(05/15)

南部マズィルの製油所、石油精製を再開(05/14)

チェコのeコマース、外国展開で中東欧首位(05/10)

チェコ貿易収支、3月は黒字拡大(05/10)

投資PPF、鉄道車両シュコダ株10%を売却(05/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン