バイエルの除草剤、米で発がん性認める評決

米カリフォルニア州サンフランシスコの連邦地方裁判所の陪審は19日、独製薬・化学大手バイエル傘下の米農業化学大手モンサントの除草剤「ラウンドアップ」が、原告男性のがんを引き起こす「実質的な要因」になったとする評決を下した。損害賠償責任の有無や賠償額については今後、…

関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: 化学農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

オランダ、租税回避見直しで委員会設置へ(06/14)

タイヤの独コンチ、ロウザド工場を拡張(06/14)

ノースボルト、10億ドルの資金調達が完了(06/14)

インフレ率、5月は改定値も1.4%(06/14)

イスラエルのウェブ開発社、愛に新センター(06/14)

独政府、5G周波数入札で65億ユーロ調達(06/14)

ユーロ圏鉱工業生産、4月は0.5%減少(06/14)

欧州議会で極右最大の政治会派が誕生(06/14)

産銅アウルビス、シャフラーCEOを解任(06/14)

プロジーベン、FBウォッチに動画提供へ(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン