バイエルの除草剤、米で発がん性認める評決

米カリフォルニア州サンフランシスコの連邦地方裁判所の陪審は19日、独製薬・化学大手バイエル傘下の米農業化学大手モンサントの除草剤「ラウンドアップ」が、原告男性のがんを引き起こす「実質的な要因」になったとする評決を下した。損害賠償責任の有無や賠償額については今後、…

関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: 化学農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ワイヤーカード、FTの不正疑惑報道を否定(10/17)

VWの新工場計画、ルーマニアが誘致に着手(10/17)

ショルツ財相、大手企業のリブラ離脱を歓迎(10/17)

家電量販セコノミー、CEOを解任へ(10/17)

IMF、ユーロ圏成長率見通しを下方修正(10/17)

BMW、クラリアントの発泡剤で軽量化(10/17)

VW、越北部に販売・サービス代理店を開設(10/17)

再生可能エネ賦課金、来年は5.5%上昇へ(10/16)

ZEW景気期待指数、10月はやや悪化(10/16)

VW、トルコ工場建設先送り=政情不安受け(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン