トルコ経済、第4四半期はリセッション入り

トルコ統計局(TUIK)は11日、2018年第4四半期(10~12月)の実質国内総生産(GDP)が前期比(稼働日数および季節調整済み)2.4%減少したと発表した。第3四半期の1.6%減から2四半期連続のマイナス成長となり、リセッション(景気後退)入りした。米国との貿易摩擦で通…

関連国・地域: トルコ米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

トルコ南東部でバス横転、不法移民15人死亡(07/22)

米国、戦闘機F35へのトルコ関与を排除(07/19)

トルコ自動車生産、6月は16.8%減少(07/18)

トルコ、キプロス沖で油ガス掘削を継続(07/17)

破綻の建設アスタルディ、同業サリニが買収(07/17)

エルドアン大統領、大幅な利下げを宣言(07/16)

PSAの販売台数、上半期は12.8%減少(07/16)

トルコ鉱工業生産、5月は1.3%減少(07/15)

トルコ政府、5カ年の経済開発計画を提出(07/12)

日本ペイント、べテックの買収完了(07/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン