トルコ経済、第4四半期はリセッション入り

トルコ統計局(TUIK)は11日、2018年第4四半期(10~12月)の実質国内総生産(GDP)が前期比(稼働日数および季節調整済み)2.4%減少したと発表した。第3四半期の1.6%減から2四半期連続のマイナス成長となり、リセッション(景気後退)入りした。米国との貿易摩擦で通…

関連国・地域: トルコ米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

VWの新工場計画、ルーマニアが誘致に着手(10/17)

米、トルコのシリア侵攻受け制裁発動(10/16)

トルコ自動車生産、9月は2.5%増加(10/16)

VW、トルコ工場建設先送り=政情不安受け(10/16)

トルコ失業率、7月は14.3%に悪化(10/16)

トルコ鉱工業生産、8月は3.6%減少(10/15)

クルド勢力、対トルコでシリア政権と協力(10/15)

独仏などがトルコへの武器輸出を禁止(10/15)

トルコ、EUにシリア攻撃批判巡り反撃(10/14)

EU、トルコにシリア攻撃の停止を要求(10/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン