コンチネンタル、通期は2.9%減益

ドイツのタイヤ・自動車部品大手コンチネンタルは7日、2018年12月期の純利益が28億9,730万ユーロとなり、前期比2.9%減少したと発表した。同社は昨年に2回にわたり利益見通しを下方修正しており、ほぼ予想通りの結果となった。 売上高は0.9%増の444億440万ユーロ。うち自動車部…

関連国・地域: 英国ドイツEUアジア米国欧州
関連業種: 自動車・二輪車その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

EU、北マケドニアの加盟交渉開始を承認へ(06/18)

ドイツ銀、投資銀行部門の抜本改革を検討(06/18)

シーメンスガメサ、台湾で風力タービン受注(06/18)

ルフトハンザ、通期見通しを下方修正(06/18)

ユーロ圏求人率、第1四半期は2.3%で横ばい(06/18)

スカニア、電動自動運転コンセプト車両公開(06/18)

トルコ自動車生産、5月は7.9%減少(06/18)

仏PSA、EVバッテリーを欧州で生産へ(06/18)

独経済、第2四半期はやや減速=連銀(06/18)

独高級車3社、BMWがプラス維持(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン