英政府、合意なき離脱の影響評価を公表

英政府は26日、英国が3月29日に欧州連合(EU)を合意のないまま離脱した場合の影響評価を公表した。合意なき離脱に陥れば、企業は通関で大きな負担を強いられるほか、食品価格などが上昇する可能性があると指摘。また、英国の国内総生産(GDP)は向こう15年間に最大9%押し…

関連国・地域: 英国EUスイス中南米
関連業種: 自動車・二輪車食品・飲料マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

離脱協定案の再採決を認めず 下院議長「繰り返し、秩序乱す」(10/22)

重大不正局、LIBOR不正操作の捜査終了(10/22)

資源BHP、チリ銅山で再生可能エネ導入へ(10/22)

ボンマルシェ、管財人の管理下に(10/22)

アストラゼネカ、糖尿病治療薬が米国で承認(10/22)

シェル、エジプトの陸上上流資産を売却へ(10/22)

ワイヤーカード、KPMGに独立調査委託(10/22)

タイ人の英不動産投資、バーツ高で倍増(10/22)

英政府、離脱広告から10月31日の期限を削除(10/22)

スコッチウィスキー10万ポンド相当盗難被害(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン