ホルシム、東南アジア事業を売却か

セメントで世界最大手のラファージュホルシム(スイス)は、向こう5年で東南アジア事業を売却することを検討しているもようだ。産業市場戦略情報を提供するインダストリアルインフォリソーシス電子版が27日伝えた。 それによると、同地域の事業不振が背景にあるという。ラファー…

関連国・地域: スイスアジア米国アフリカ中南米
関連業種: その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

スイスのアルピック、チェコ発電事業を売却(05/21)

米FB、スイスにフィンテック企業を設立(05/21)

アドリア海横断ガス導管、9割弱が敷設完了(05/21)

再保険の韓国・コリアンリ、スイスに進出へ(05/21)

スイス、銃規制強化へ=国民投票で賛成64%(05/21)

ネスレ、スキンヘルス事業売却巡り独占協議(05/17)

新興企業リリウム、電動小型ジェット機公開(05/17)

スズケン、「キムリア」の日本流通を受託(05/17)

ラファージュホルシム、15.5%増益(05/16)

旅行TUI、第2四半期は赤字拡大(05/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン