ホルシム、東南アジア事業を売却か

セメントで世界最大手のラファージュホルシム(スイス)は、向こう5年で東南アジア事業を売却することを検討しているもようだ。産業市場戦略情報を提供するインダストリアルインフォリソーシス電子版が27日伝えた。 それによると、同地域の事業不振が背景にあるという。ラファー…

関連国・地域: スイスアジア米国アフリカ中南米
関連業種: その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

ノバルティス、第2四半期は13%増益(07/19)

時計スウォッチ、上半期は11.3%減益(07/18)

ABB、マに産業用ロボット事業拠点を開設(07/18)

ラファージュホルシム、ルーマニア社を買収(07/17)

ナイジェリア、欧州社と原油の交換契約へ(07/17)

ホルシム、フィリピンのセメント工場を拡張(07/16)

世界食品ブランドランキング、首位はネスレ(07/15)

アルミのDGS、チェコ北部に工場新設へ(07/11)

ABB、太陽光発電設備事業を伊社に譲渡(07/10)

金融ジュリアス・ベア、新CEOを指名(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン