通信テレフォニカ、第4四半期は12%減益

スペインの通信大手テレフォニカは21日、第4四半期(2018年10月~12月)の純利益が6億1,000万ユーロとなり、前年同期比11.9%減少したと発表した。為替差損が逆風となったほか、再編コストがかさんだ。 売上高は129億1,700万ユーロと、継続事業・恒常為替レートベースで3%増え…

関連国・地域: 英国ドイツスペイン中南米
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

格安航空NAS、複数社が関心か(05/20)

スーパーのディア、露L1が過半数株取得(05/20)

欧州新車登録、0.4%減少 英独が引き続き不振=4月(05/20)

ゲスタンプ、ブルガリアでアルミ事業に出資(05/17)

ユーロ圏貿易収支、3月は黒字縮小(05/17)

【ウイークリー統計】第37回 果物・野菜の摂取頻度と主観的健康感(05/16)

サンタンデール、国内で3700人超を整理も(05/16)

ユーロ圏GDP、0.4%拡大 ドイツはプラス成長に復帰(05/16)

アベンゴア、アブダビで淡水化プラント建設(05/15)

ボーダフォン、通期は赤字転落(05/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン