海運APモラー・マースク、通期は38%減益

デンマークの海運大手APモラー・マースクは21日、2018年12月期の継続事業ベースの純利益(特別損益除く)が2億2,000万ドルとなり、前期比38%減少したと発表した。同社は併せて、取締役会が掘削部門マースク・ドリリングの分社化を進めることを決定したと明らかにしている。 売…

関連国・地域: ドイツデンマーク
関連業種: 金融運輸天然資源サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

スウェドバンク、資金洗浄の調査結果を公表(03/25)

ノルウェーで欧州初の海中レストランが開店(03/22)

幸福度調査、フィンランドが2年連続首位(03/22)

【ウイークリー統計】第33回 起業率と個人事業主の満足度(03/21)

生活費の高い都市ランキング、パリが首位に(03/20)

触媒ハルダートプソー、星テマセクが出資へ(03/19)

PGE、バルト海での風力発電計画に着手(03/19)

ポーランドから偽造たばこ密輸の7人が逮捕(03/15)

海運CMA、シーバ株の9割近く確保(03/15)

EU、デジタル課税を見送り 仏伊などは単独で導入試みか(03/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン