海運APモラー・マースク、通期は38%減益

デンマークの海運大手APモラー・マースクは21日、2018年12月期の継続事業ベースの純利益(特別損益除く)が2億2,000万ドルとなり、前期比38%減少したと発表した。同社は併せて、取締役会が掘削部門マースク・ドリリングの分社化を進めることを決定したと明らかにしている。 売…

関連国・地域: ドイツデンマーク
関連業種: 金融運輸天然資源サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ベルギーの修道院、ビール醸造を再開へ(05/24)

デンマーク首相、最大野党との大連立を示唆(05/17)

欧州委員長の候補者が討論会 主要会派の6人が激論交わす(05/17)

イケア、LIB製造ノースボルトに出資も(05/16)

ダンスケ銀、新CEOに蘭同業の元取締役(05/13)

ボーコンセプト、越HCM市にショールーム(05/10)

通信オレンジ、セキュアリンクを買収(05/09)

デンマーク、6月5日に議会選挙(05/09)

アムステルダム、2030年に全面EV化へ(05/09)

ダンスケ銀の前CEO、デンマークで起訴(05/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン