トタル、取引業務を英からスイスに移管へ

仏石油メジャーのトタルは取引業務をロンドンからジュネーブに移管する方針だ。配置換えなどで従業員200人が影響を受ける見通し。関係者の話を元に、スカイニュースが14日報じた。 トタルは報道を受け、ロンドンとパリ、ジュネーブの3都市で行っている取引業務の統合を検討してい…

関連国・地域: 英国フランスEUスイス
関連業種: 金融天然資源サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

エシロールルクソティカ、経営権巡り内紛(03/25)

骨検査による難民の年齢判定、仏で合憲判断(03/25)

3月は51.3に低下 ユーロ圏総合PMI速報値(03/25)

スポティファイ、音楽会社と契約交渉入り(03/25)

セベルスタリ、仏エア・リキードと新契約(03/25)

市民権取得時の仏語試験、難易度引き上げへ(03/25)

仏国鉄、FB経由でチケット購入が可能に(03/25)

自動車部品ZF、蘭ツーゲットゼア買収(03/25)

欧州商用車登録台数、2月は4.7%増加(03/25)

トルコ自動車生産、2月は15.5%減少(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン