露社のETC、印都市間で導入

インドの首都ニューデリーと西部ムンバイを結ぶ高速道路で、ロシアの衛星測位システム「グロナス(GLONASS)」を活用した電子料金収受システム(ETC)「プラトン(PLATON)」の導入が始まった。エコノミック・タイムズ電子版が伝えた。 プラトンを運用するのはロシアでETCを…

関連国・地域: ロシアアジア
関連業種: 運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

中国の対ロシア貿易、商務省が拡大に期待(05/23)

ベラルーシ、石油製品の輸出規制が撤廃(05/23)

ゼレンスキー大統領、議会の解散を命令(05/23)

トタル、独製油所で生産調整=露産原油問題(05/23)

スーパーのディア、破産申請手続きを回避(05/22)

VWの世界販売、4月は6.6%減少(05/22)

露、ポーランドに導管経由の原油供給を再開(05/21)

ウクライナ、ゼレンスキー新大統領が就任(05/21)

墺首相、極右政党との連立解消=総選挙へ(05/21)

主要産油国、減産体制を維持へ(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン