資源BHP、豪鉱山でEV試用を拡大

英豪資本の資源大手BHPは、南オーストラリア州のオリンピックダム鉱山で二酸化炭素(CO2)排出ゼロ車両の試用を進めている。作業員の浮遊粒子状物質(PM)への露出を軽減する目的で、昨年6月に軽量電気自動車(EV)を導入した。オーストラリアン・マイニングが伝えた。…

関連国・地域: 英国スイスアジア
関連業種: 自動車・二輪車電機天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

EU離脱の与野党協議が決裂 双方が党内の分裂を批判(05/20)

格安航空NAS、複数社が関心か(05/20)

アイルランドの肉牛農家、EUが特別補償(05/20)

SBVF、体験旅行の独新興企業に出資(05/20)

欧州新車登録、0.4%減少 英独が引き続き不振=4月(05/20)

デリバルー、アマゾンなどが5.7億ドル出資(05/20)

Bスチール、株主などからつなぎ融資確保(05/20)

欧州評議会、ロシアの復帰に道=独仏が尽力(05/20)

プレタ・マンジェ、競合イートを買収か(05/20)

独仏蘭、中国・華為技術の5G入札を容認(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン