ゴーン被告、ルノー資金でも個人使用発覚

仏自動車大手ルノーは7日、前会長兼最高経営責任者(CEO)のカルロス・ゴーン被告が、会社資金を個人目的で使用していたことが判明したと発表した。ベルサイユ宮殿との間で結んだ支援契約に絡むもので、同社は司法当局にこの件を報告することを決めた。 ルノーは企業が文化芸…

関連国・地域: フランスアジア
関連業種: 自動車・二輪車雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

BA、安全上の懸念でカイロ便を7日間停止(07/23)

カンパリ、仏同業の買収に向け独占協議(07/23)

小売りカジノ、インド洋事業を売却(07/23)

仏財務省、ルクレールに1億ユーロ超の罰金(07/23)

デカトロン、タイ東部に大型旗艦店を開業へ(07/23)

オペル、イスラエルの輸入業者と独占契約(07/23)

PSA、マレーシア合弁が比に輸出開始(07/22)

仏バンシ、ベオグラード空港の刷新工事開始(07/22)

眼鏡ルクソティカ、蘭同業と買収協議(07/19)

露、欧州の対イラン貿易支援機関に参加も(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン