米アップル、フランスでの追徴課税受け入れ

米アップルがフランスで過去数年にわたる追徴課税を受け入れることで、仏当局と合意した。金額は明らかにされていないが、現地メディアは5億ユーロ前後と報じている。ロイター通信が5日伝えた。 仏週刊誌レクスプレスによると、アップルの欧州事業の売上高は2008年の66億ユーロ…

関連国・地域: フランスEUアイルランドルクセンブルクオランダ米国
関連業種: IT・通信メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

仏アムンディ、独DWSとの事業統合を検討(05/22)

外資4行、チェコの国家開発基金に拠出へ(05/22)

アルストム、水素燃料電池列車を受注(05/22)

チェコとドイツ、AI拠点開設に向け協力(05/22)

家電量販セコノミー、第2四半期は4%減益(05/22)

高級車JLR、通期は過去最大の赤字(05/22)

保険アクサの合弁資産管理会社、上海で開業(05/22)

LVMH、プロバンス地方のワイナリー買収(05/21)

欧州議会選控え全国で親欧州デモ(05/21)

仏税関職員スト、2カ月半を経て終結(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン