総合電機シーメンス、第1四半期は49%減益

独総合電機大手シーメンスは30日、第1四半期(2018年10~12月)の純利益が11億1,800万ユーロとなり、前年同期比49%減少したと発表した。1年前は同社から分社化した照明機器大手オスラム(Osram)の株式売却や、米国の税制改革に伴う特別利益を計上しており、この反動が大きい。…

関連国・地域: 英国ドイツスペイン米国
関連業種: 自動車・二輪車電機医療・医薬品その他製造金融建設・不動産運輸電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【ウイークリー統計】第31回 有機農場の割合と農薬の販売量(02/21)

ドイツ鉄道、路線刷新に100億ユーロ超投資(02/21)

独仏、欧州産業政策案で合意=競争法改正へ(02/21)

人工透析フレゼニウス、通期は55%増益(02/21)

金融UBS、仏顧客の脱税ほう助で罰金(02/21)

生産者物価、1月は2.6%上昇(02/21)

著名デザイナーのラガーフェルド氏が死去(02/21)

日立造船、英でバイオガス精製装置を受注(02/21)

JFLA、ジャパンセンターと業務提携(02/21)

ドイツ、経常黒字が世界首位 日本押さえ3年連続=Ifo(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン