総合電機シーメンス、第1四半期は49%減益

独総合電機大手シーメンスは30日、第1四半期(2018年10~12月)の純利益が11億1,800万ユーロとなり、前年同期比49%減少したと発表した。1年前は同社から分社化した照明機器大手オスラム(Osram)の株式売却や、米国の税制改革に伴う特別利益を計上しており、この反動が大きい。…

関連国・地域: 英国ドイツスペイン米国
関連業種: 自動車・二輪車電機医療・医薬品その他製造金融建設・不動産運輸電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

独仏首脳、英に代替案を要求 EU離脱協定の国境問題巡り(08/23)

独政府、旧東独向け「連帯税」を大幅縮小へ(08/23)

ティッセン、事業統合阻止巡り欧州委を提訴(08/23)

8月は51.8に上昇 ユーロ圏総合PMI速報値(08/23)

航空機アクイラ、トルコに工場設立へ(08/23)

照明機器オスラム、墺AMSがTOB実施へ(08/23)

コメルツ銀、大規模な人員整理と支店閉鎖も(08/23)

ドイツ機械輸出高、上半期は0.9%拡大(08/23)

独西部のアウトバーンで8歳男児が無断運転(08/23)

ドイツポスト、アマゾンの生鮮食品配達終了(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン