フィリップス、第4四半期は10%増益

オランダの家電・医療機器大手ロイヤル・フィリップスは29日、第4四半期(2018年10~12月)のEBITA(利払い・税引き・償却前利益、特別損益除く)が9億7,100万ユーロとなり、前年同期比10%増加したと発表した。中国や中南米、欧州での医療機器の力強い需要が貢献した。 売…

関連国・地域: オランダアジア米国中南米カナダ欧州
関連業種: 電機医療・医薬品その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

蘭ヒア、ウィーンにAI研究所を設立(02/22)

【ウイークリー統計】第31回 有機農場の割合と農薬の販売量(02/21)

エールフランスKLM、通期は2.5倍に増益(02/21)

JFLA、ジャパンセンターと業務提携(02/21)

セメン・インドネ、ホルシム買収で事業拡大(02/20)

BP合弁、中国・済南に給油所1号店開設(02/20)

KLM、エールフランスと統治体制で合意か(02/19)

商船三井、蘭デンハートフの株式20%取得(02/19)

ニコン、露光装置の特許訴訟巡り最終契約(02/19)

金融RBS、2倍超に増益 デジタル化推進でコスト削減(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン