バイエル、印農薬工場で新設備稼働

独製薬・化学大手バイエルのクロップサイエンス部門のインド法人バイエル・クロップサイエンスは25日、西部グジャラート州ヒマトナガルの工場に新設した生産設備を稼働したと発表した。投資額は10億ルピー(1,400万ドル)。ビジネス・ライン(電子版)が伝えた。 新たな設備は、水…

関連国・地域: ドイツアジア
関連業種: 化学農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

独経済、第2四半期は縮小も=連銀月報(07/23)

BA、安全上の懸念でカイロ便を7日間停止(07/23)

独国防相、国防費拡大も=対GDP比2%(07/23)

アウディ、VRで新型EVの組立工程テスト(07/23)

BMW、中国合弁の全工場で5G導入(07/23)

オペル、イスラエルの輸入業者と独占契約(07/23)

HBPO、西部にモジュール工場新設(07/23)

ルフトハンザ、整備部門が比で施設拡張(07/23)

VW、印の生産率を92%に引き上げ目指す(07/23)

BMW、ツィプセ取締役を新CEOに指名(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン