製薬GSK、ハンプトン会長が退任へ

英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)は21日、フィリップ・ハンプトン会長(65)が退任すると発表した。同社はコンシューマーヘルス事業と処方薬・ワクチン事業の2社体制への移行を進めており、同会長は「身を引くのに最適な時期」としている。 ハンプトン氏は、英金融…

関連国・地域: 英国米国
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品金融小売り・卸売り雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

OECD、ユーロ圏の成長見通し引き上げ(05/23)

首相、離脱方針の新提案公表 与野党から内容に批判噴出(05/23)

閣僚理事会、使い捨てプラ規制案を採択(05/23)

B・スチールが清算手続きに 政府との融資交渉が失敗(05/23)

ルイヴィトン、シドニーに豪初のVIP店(05/23)

トランスファーワイズ、時価総額35億ドルに(05/23)

塩野義、モルテニと便秘症治療薬の販売契約(05/23)

半導体設計Arm、中国・華為との事業停止へ(05/23)

JFE、独で大型ガスだきボイラーを受注(05/23)

インフレ率、4月は2.1%に加速(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン