小売りメトロ、第1四半期は0.6%減収

独小売り大手メトロは17日、第1四半期(2018年10~12月)の売上高が80億ユーロとなり、前年同期比0.6%減少したと発表した。東欧やアジアが力強く伸びたものの、ロシアが2桁減に沈み、全体を押し下げた。 既存店・恒常為替レートベースでは2.3%の増収。大型スーパーの「レアル…

関連国・地域: ドイツルクセンブルクロシアアジア欧州
関連業種: 電機金融小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ジョンソン首相、独仏歴訪へ G7サミット前にEU離脱で協議(08/20)

独経済、リセッション入りも 輸出落ち込みや製造業の不振響く(08/20)

ネクストムーブ、米テスラの発注取り消し(08/20)

伊内相、未成年の難民27人の上陸を許可(08/20)

イタリア料理のバピアーノ、CEOが辞任(08/20)

オペル、商用バンに死角解消カメラ導入(08/20)

三菱UFJ、ドイツでの買収を英当局が調査(08/20)

VW世界販売、2.4%減少 欧州不振で全体を押し下げ(08/19)

ドイツ銀、UBS元取締役を監査役に指名(08/19)

BASF、買収事業の一部資産を独社に売却(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン