ユーロ圏失業率、11月は過去10年で最低

欧州連合(EU)の統計局ユーロスタットは9日、2018年11月のユーロ圏19カ国の失業率(季節調整済み)が7.9%となったと発表した。前月から0.1ポイント改善し、2008年10月以降で最低水準を記録した。 失業率が最も高かったギリシャは18.6%(9月)と、前月から0.3ポイント改善。…

関連国・地域: ドイツEUイタリアギリシャスペインオランダ
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

<連載コラム・エネルギーTODAY>第29回 EU電力市場改革で「能動的消費者」出現も(01/18)

ブルガリアのインフレ率、2.7%に減速(01/18)

首相、国境検査巡る極秘計画を否定(01/18)

財務省、独大手2行の合併シナリオ精査か(01/18)

EU、鉄鋼の輸入制限措置を正式に発動(01/18)

メイ首相、EU離脱巡り野党と協議(01/18)

ドイツの武器輸出、昨年は23%減少(01/18)

プラスチック廃棄物除去のアライアンス始動(01/18)

ユーロ圏インフレ率、12月は1.6%=改定値(01/18)

ユーロ圏建設業生産、11月は0.1%減少(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン