労働社会省、自宅勤務の選択肢付与義務化も

ドイツの労働社会省が、企業に対し従業員に自宅勤務の選択肢付与を義務化することに意欲を示しているようだ。同省のビョルン・ボニング政務次官へのインタビューを元に、独週刊誌シュピーゲルが4日伝えた。 それによると、新制度ではドイツ企業に対し、労働者の自宅勤務を許可す…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

海運APモラー・マースク、通期は38%減益(02/22)

ポーランド電力各社、EV工場を共同開設へ(02/22)

<ブレグジットと欧州の行方>第14回 パーフェクトストームに突入か・瓦解し始めた英自動車産業(02/22)

通信テレフォニカ、第4四半期は12%減益(02/22)

独政府、食品廃棄量の減少に向けた行動計画(02/22)

スカニアとノビナ、来年に自動運転バス運行(02/22)

VW、米の輸入関税でコスト数十億ユーロ増(02/22)

2月は過去3カ月で最高 ユーロ圏総合PMI速報値(02/22)

ダイムラー、検察が排ガス不正で捜査開始(02/22)

カーシェア利用者が17%増加=乗り捨て人気(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン